病気別 検査の内容


顕微鏡

性感染症の疑いがあって、病院へ行こうかと悩んでるあなた。

性感染症の症状からだいたいこの性感染症にかかってるのではないか?とそこまで調べたけれど、どんな検査をするのかわからないですよね?

今回は性感染症の検査ってどんな事をするのか男女の病気別の検査の内容をご紹介したいと思います。

クラミジア感染症の場合

・喉の分泌物の検査(扁桃腺辺りの粘膜を採取します)→男女共通

・尿検査(おしっこを取ります)→男性のみ

・尿道分泌物検査(尿道から出る分泌物を採取します)→男性のみ

・膣分泌物検査(膣の中にある分泌物を採取して検査します)→女性のみ

どんな治療をするの?

抗生物質を1週間ほど服用します。

膣トリコモナス症

・尿検査→男性のみ

・尿道分泌物検査→男性のみ

・血液検査(採血をして調べます)→男性のみ

膣分泌物検査→女性のみ

どんな治療をするの?

内服薬を10日程度服用します。(男女共通)膣剤を挿入(女性のみ)

性器カンジダ症

・視診(実際に目で確認します)→男性のみ

・膣分泌物検査→女性のみ

どんな治療をするの?

軟膏を1週間から10日ほど塗り治療します。(男女共通)

性器ヘルペス

・視診→男女共通

・患部分泌物検査(ウイルスが潜んでいるので特有の検査をします)→男女共通

・血液検査→男性のみ

どんな治療をするの?

抗ウイルス薬を服用したり、患部に軟膏を塗治療します。薬の服用や軟膏は症状により期間は違います。

(男女共通)

尖圭コンジローマ

・視診→男女共通

・患部組織検査(イボの採取をし顕微鏡などで調べます)→男女共通

どんな治療をするの?

内服薬を服用します。

軟膏を塗って治るものもありますが、イボの大きさや量により治療法は異なります。メスで切除、レーザーで焼く、液体窒素で凍らせたり様々です。(男女共通)

淋菌感染症

・尿検査→男性のみ

・尿道分泌物検査→男性のみ

・膣分泌物検査→女性のみ

・喉分泌物検査→男女共通

どんな治療をするの?

抗生物質を2週間ほど服用します。

時に注射や点滴をすることもあります。(男女共通)

梅毒

・視診→男女共通

・血液検査→男女共通

どんな治療をするの?

主にペニシリンという抗生物質の服用で治療します。

病気の進行具合により抗生物質の服用期間は様々です。(男女共通)

HIV感染症

・血液検査→男女共通

どんな治療をするの?

数種類の薬を併用してエイズの発症を遅らせる治療を使います。

医師の指示通りに欠かさず服用します。(男女共通)