クラミジア感染症


笑顔の看護師

クラミジアという性病は実は、近年では非常に増加が激しい病気の一つで、一時期は若年層の増加が多いとされていましたが、現在では中年の増加が多いとされている病気です。

今回は、そんなクラミジアとの男女別症状、感染経路、検査法、治療法、予防法に関して紹介いたします。

はじめに、男性の場合の初期症状ですが、精巣までの距離が長いためその間の尿管に関する障害によって発症する初期症状が特徴です。

その特徴に、尿道からの膿、排尿痛といったものから、精巣上体の腫れといった症状発熱と言った風邪に近い症状も現れます。

女性の場合は、子宮内の炎症から放置して置くと骨盤内までに炎症をおこすので注意が必要です。

初期症状としては、おりものの増加、生理でも無いのに発生する不正出血、下腹部の痛みが一般的です。

しかし、放置をしておくことで炎症が悪化した場合に、手遅れになっていることも多いので女性の方は注意するようにして下さい。

女性の場合は、不妊症で悩む原因にこのクラミジアの感染歴が大きく関係していることが疫学調査で判明しています。

クラミジアの感染経路は、性器の通しの接触だけではなくて、性器を口で舐めるオーラルセックスでの感染経路になります。

また、クラミジアは喉にも感染する病気なの、感染した場合は、長期の扁桃腺と言った病気になります。いずれの症状も性交後2週間から3週間後に発症するとされているので、覚えのある方は検査が必要です。

検査方法は、女性の場合は子宮頚管の病理検査、男性の場合は朝一番の尿、喉の場合は喉粘膜の検査になります。

気になる症状がある場合は、クラミジアの検査を受けられることをお勧めします

治療法は、クラミジアに効果があるとされる抗生剤を1日一回飲むようにして、一週間後の再検査で菌がいないことを確認したします。

診療科は、女性の場合は婦人科、男性の場合は泌尿器科での診察が基本です。

予防は、コンドームを使用した性器が直接接触しないようにすることと、性器を口腔に含まないようにすることが一番の予防になります。