性感染症とは


聴診器

性病と言う言葉を聞いたことがない人は近頃ではあまりいないと思います。

今回はそんな性病に関して、耳にするもののあまりよく判っていないその怖さと現状に関して、定義・種類・男性の症状・女性の症状に関して紹介いたします。

はじめに性病の定義ですが、人間のセックスによって感染する病気で、生殖器の接触によって感染する病気を指します。

つまり、感染経路が口や空気を介すことなく生殖器の接触によって生じる病気の事をいうのです。

その病気の名前の種類に、クラミジア淋病、性器ヘルペス梅毒エイズ。B型肝炎、尖形コンジローム、毛じらみ、膣トリコモナス症、膣カンジタ炎と言った種類が存在いたします。

これらの病気は、男女とも感染し、発症する病気と片方の性にしか症状が発症しない病気があります。

片方しか発症しない場合の病気で発症しない場合は、キャリアと呼ばれ細菌をばらまく保菌者となるのです。

性感染症には実は、性器の接触だけではなくて、その細菌を持っているがために血液を介して病原菌を持つ場合があります。

男性の場合の多くの性病が発生した時の特徴は、尿管に炎症が発生するため、排尿困難や膿の発生、性器の腫れといった症状が発生したします。

女性の場合は、症状によって多岐に及び、おりものが増加したり、子宮に近い膀胱菌が感染して炎症を起こしたり、または、下腹部に痛みが発生することが知られています。

基本的に、女性の方が性器と体内組織に細菌が広がるリスクが高いため、男性よりも性病に気づく確率が高く、重症化しているのが大きな特徴になります。

男性女性の性病の症状で性器に関係ない症状として、風邪というような症状から、病気が治らないという初期症状が発生いたします。

これは、HIVウィルスや肝炎ウィルスに感染した場合でも出る症状です。

性器では、起きない症状も性病につながっている可能性があるので注意が必要です。

気になる症状が出ている場合は、性感染症の検査を受けられることをお勧めします。

本サイトは、ロベルトコッホ研究所の文献を参考にしています。